糖尿病の原因を知っています?

糖尿病になると、体内のインスリンの作り方や使い方に問題が起き、摂取した食物エネルギーを正常に代謝できなくなります。インスリンはすい臓で作りだされて血糖を正常範囲に保つ役割をしますが、インスリンの作用不足により、血糖が高くなってしまうのです。糖尿病には大きく分けて次の2つのタイプがあります。

  • 1型糖尿病

膵臓からインスリンが分泌されなくなることが原因です。免疫系の異常などが原因となり、生活習慣には関係なく引き起こされます。

  • 2型糖尿病は、インスリンの量が不十分で起こる糖尿病と、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなるために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こる糖尿病があります。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多く、日本の糖尿病者の95%がこのタイプに当てはまります。ここでは2型糖尿病を引き起こす原因は詳しい説明します。

1.肥満

現代は昔に比べて、食生活が乱れてしまって日本人も肥満の人が増えてきてしまっています。肥満も糖尿病の大きなリスクになります。肥満になると、耐糖能(血糖を処理する能力)障害などの、軽い糖尿病状態になる人が増えるといわれていて、そのまま肥満を放置し続けると、糖尿病になってしまう人が少なくないそうです。

2.食べ過ぎ=過食

糖尿病の一番の原因と言っても過言ではないでしょう。糖尿病は血糖値の異常な上昇から始まる病気です。血糖値は食事により上がるため、必要以上の食事を摂ることや食べる量が増えるほど値は上昇し、また、正常値に戻りにくくなります。健康な人であればある程度時間が経てば正常に戻ります。しかし常に必要以上に食べている生活を続けると、上昇した血糖値を下げる力(インスリンの分泌量や効果自体)が弱まっているために正常値に戻りにくくなります。

3.運動不足

また運動不足は糖尿病の発症に関係が強いといわれています。運動不足となると、エネルギー代謝が悪いので食事からとったブドウ糖が過剰な状態になってしまうためです。血糖はインスリンだけでコントロールされるのではなく、筋肉に取り込んで消費したり、脂肪細胞へ取り込み蓄積したり、肝臓で糖の取り込み・放出をするなど身体の中で微調整されているそうです。人間の体のメカニズムというのはよくできているというのがわかります。しかし、運動不足をするとこの体の中の血糖コントロールするメカニズムが崩れてしまうようです。