糖尿病の種類について

糖尿病の種類は大きく別れて主に1型糖尿病、2型糖尿病と妊娠糖尿病という三種類があります。

1型糖尿病
1型糖尿病とは、インスリンをつくっているすい臓のβ細胞が壊れてしまってインスリンの働きが障害が生じることで起こる糖尿病です。1型糖尿病の患者は、糖尿病患者全体のわずか5%程度と言われています。一般的に1型糖尿病の発病原因は遺伝子に関係があると認められています。1型糖尿病の治療について、インスリンの注射は今まで1型糖尿病の主な治療方法です。

2型糖尿病
2型糖尿病とは、インスリンの分泌が少なくなって発症する糖尿病です。若者によく見かける1型糖尿病と違って、2型糖尿病は主に中高年に多くみられる糖尿病です。一般的に2型糖尿病を引き起こす原因なら、遺伝的に糖尿病になりやすい体質や、食べ過ぎや運動不足、肥満、喫煙などの生活習慣が関係しています。2型糖尿病は糖尿病患者全体のおよそ90%を占めます。食事療法・運動療法・薬物療法を行うことは2型糖尿病の改善に有効です。

妊娠糖尿病
妊娠すると、赤ちゃんに十分な栄養を与えようとして血糖値が高くなったり、胎盤からインスリンを効きにくくするホルモンが分泌されます。それで、妊娠をきっかけとして、または妊娠中に引き起こされる糖尿病は妊娠糖尿病と呼ばれています。赤ちゃんに影響する可能性があるため、妊娠糖尿病の治療を行うことが大切です。妊娠糖尿病の治療は、体の負担にならない程度の運動療法と食事療法で血糖値を抑えることが多いです。必要の場合、インスリン注射を行わなければなりません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です